小野寺燃料

もしも災害がおきたら

  • 火災のときは、容器バルブを閉めて、消防署員などに容器の位置を知らせてください。
  • 当社または認定保安機関にも連絡してください。
  • 地震のときは、火をすべて消し、器具栓と元栓を閉めてください。
  • ゆれの大きなときは容器バルブも閉めてください。
  • 揺れがおさまったあと、容器まわりの配管等に異常がないか確認してください。
  • 洪水のときは、容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されないようにロープなどで固定してください。
  • 容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右回しです。
  • 災害で家を離れるときは、二次災害を防ぐため容器バルブを閉めて、電気のブレーカーも切ってください。
  • 再びガスを使用する前に、当社または認定保安機関の点検を必ず受けてからご使用ください

> ガスメーター復帰法